ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あけましておめでとうございます | main | たこあげ >>
2013.01.07 Monday

思い出の貨車、さようなら。ありがとう。

さて、そのコンテナくんを置かせていただいている猪名川のお庭には
本物の貨車もあって、昨年末に「冥王星くん」を描いたものをこのブログで紹介しました。
その続きです。

貨車は、ワフ29500形といい1955年から1961年にかけて国鉄に登場した車掌室と貨車併用の車両。
この地で第二の人生を歩んできたけど、数十年の月日が流れ老朽化が進みとうとう解体処分されることに。

そこでこれまでの感謝をこめて貨車にペイントすることにしたのが前回掲載の写真。
オービットキャラの中から、今回は冥王星くんを選定。冥王星くんは、僕のなかでは悟りを開いた達磨なのだ。 

そして・・・
新年イナガワヤードを訪れたときには既に解体されていて車輪と線路だけは残されていた。
この地を温めてこられた思い出でもあり、産業遺産としての存在感も放っている。
 


線路周辺の掃除をしながら、
そのとなりの信号機にからまっていたツタも取り払ってすっきり。

Powered by
30days Album