ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 世界でひとつの学習机 | main | 六甲山牧場 >>
2013.05.25 Saturday

こだわりぬいた学習机、リクエストのポイント

さて、ブログの更新がおそいですが。。。
キナリ木工所に作ってもらったオリジナルの学習机のつづき。
依頼する立場でリクエストしたこだわりのポイントを紹介します。


まず一生使ってほしいという想いから、【シンプルなデスク本体】。
→高さ調節は椅子のほうでやればいいという割り切り。モノをひっかける金具とかは一切つけない。

以前からお願いしてたハンガーラックがありまして、せっかくなので【使用する木を統一】してほしいとリクエスト。
このハンガーラックについては、キナリ木工所の坂本くんが詳しく語っています。
 http://sakamoto-kagu.seesaa.net/article/357640539.html


それから写真でもわかるように、
【左利き対応】→通常と反対の引き出し位置になってる。
【ワゴンのキャスターを高級感のあるものに】→普通だとプラスチックのところ、いろいろ候補だしてもらって本体と似た色みの木製をチョイス。





さらに、
【本棚の幅】→あえて幅をせまくすることで、下の写真のように横向きにも置けるように。
【ワゴン引き出しのサイズ】→無印のファイルボックスがうまく入るサイズに
【天板の手前側に丸みをもたす】→長時間勉強するときに手が痛くないように。
【天板の高さ調節可能なワゴン】→工作とか、たくさんの資料をならべて勉強するときはワゴンを外に出すと大きな机に!
など。




ワゴンの高さ調節機能は、アイデア次第でいろんな用途をひろげてくれます。
僕が思っていたのは、ダイニングの予備テーブルとして使うことや、
デスク本体と離して置いて、板を橋渡ししてさらに広大な作業台にすること。





実際に完成したものは自分の想像を超えるグッドアイデアやデザインが満載で、何より木の肌触りや木目が素晴らしく、見ていてうっとりするほど。

子どもにも良いモノづくりは伝わるようで、すごく気に入って使ってます。
大人の僕も、子どもが寝ている隙に自分が使わせもらったり(笑)

ま〜職人歴3年目にしてここまでくるとは、恐れ入りました。
友だちだから褒めるとかではなく、心底すごいと思ったので、この素晴らしさを多くの人に知ってもらいたくて、さぼりがちなブログにもかかわらずこうして紹介させてもらった次第です。


キナリ木工所、明日日曜日までは まつもとクラフトフェアに参加。
その翌週は名古屋のイベントにも出展するそうですよ。
http://sakamoto-kagu.seesaa.net/
Powered by
30days Album