ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 個展のお知らせ | main | 吉野ヶ里遺跡で遭遇した絶妙の光景。 >>
2013.12.28 Saturday

個展を終えて。

おひさしぶりです。
個展の案内からかれこれ3か月ブログの更新が止まっていました。。。
今更ですがおかげさまで無事に秋の個展も終えました。
お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

思い起こせば去年の秋くらいに、画廊主さんから「来年の個展は墨絵でやってみない?」
と提案があったことがきっかけで自分としては初めて水墨画だけで個展をさせてもらいました。
いつもは油絵ですが、画業以外の仕事で日本美術の文化財にはふれることが多いので水墨画に関する目利きだけはできます。
とはいえ、自分で描くとなったら話は別。
去年の年末から、まずは茶掛けに関する勉強と練習、
つづいて改めて平安から明治にかけての水墨画のおさらいをしつつ
自分にあった墨と和紙さがし。
たかだか30点ほどの墨絵作品を発表するのに1年を費やしてしまいましたが、
水墨画は油彩のようにごまかしがきかないので純粋に筆さばきの練習にもなってよかったかなと思ってます。

1点は古民家で不要になった襖を立体作品として再生する作品にも取り組みました。
とくにメッセージを明文化していませんでしたが、これは平安時代からはじまったとされる襖文化、
秀吉時代にかくされた時代の明暗が現代社会につながると思い発表したものです。


3月から客船「にっぽん丸」内のギャラリーにて、数か月間の個展を予定しています。
こんどは、いつもの油彩作品です。
乗船する方しか見れませんが、機会があればぜひ。

 
 
Powered by
30days Album